検索
  • CARfe’sinc.

ドライブレコーダー取付

本日は当社オススメモデルの前後タイプドライブレコーダーを取付けます。

安心の3年保証♪

メーカーの自信が伝わります。

※このドライブレコーダーは用品店さんやネットでは取り扱いがありません。

基本的にほとんどのドライブレコーダーは定期的に内部フォーマット(初期化)しないといけないのですがなんとこちらのドライブレコーダーはフォーマットフリー!

一度取付けた後は煩わしいフォーマット操作をする必要がありません。

(マイクロSDカード交換時は再度フォーマット必要)

またGPS、Gセンサー(衝撃感知)、広角撮影、駐車監視機能(最長12時間)、スマートフォンにて動画データを管理など非常に機能も充実しています。


というわけでデモコペンにつけていきます♪






コペンへの取付をする場合リアカメラの位置が結構重要でリアガラスに取付けてしまうと

オープン時にカメラごとトランクへ格納されてしまい撮影が出来なくなってしまいます。

そのため手前の小窓(リアディフレクター)に取付をするのですが今回は少し趣向を凝らし

ディフレクター以外の位置に取付けてみました。

そのままでは取付け出来ないのでホームセンターへ物資調達♪


画像のようなステーとフックをGETしてきました。

これらを使いロールバーに固定していきます。

金具同士が当たる部分には念のため緩衝材を貼っておきます。




まずはフロントです。

カメラ本体がとてもコンパクトな為ルームミラーの裏手に隠れ視界の妨げになりません。



続いて問題のリアです。

当初はステー・ボルトが目立たない向きで取付する予定でしたがルーフを閉めるとほとんど隙間がなく、ルーフとカメラが当たってしまう為この位置で落ち着きました。



車内から見た感じです。

オープン時の撮影・クローズ時の撮影も問題なしでした。

というわけで完成しました。


~追記~

なんとこちらのオススメモデルですが間もなく販売が終了してしまうとメーカーより連絡がありました。このモデルに代わる製品も無いようです。

とてもショックです。

在庫できる分は多めに仕入れましたが数に限りがあるためお求めの際はお急ぎくださいませ。


閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示