検索
  • CARfe’sinc.

ドア内張り張替え

更新日:2021年7月28日

本日はドア内張りの張替えです。

もともとブルーの本革調生地で張替えてありました。

外装がレトロ調となると内装もこだわりたくなり、

シートカバーも交換する予定なのでカラーを統一して

モスグリーン化することに決定です。



まず最初の難関として純正生地は特にそうですが剥離がとにかく大変でした。。

剥離が足りないと交換する生地が張り付きにくく張り付いても糊のゴミが生地に

噛んでしまいます。

しかし長年張り付いたこの糊跡なかなか落ちてくれません。

剥離剤でやっときれいになったら剥がした内張りを型にして生地をカッティングします。

2~3cmはみ出るようにカットしました。(写真撮り忘れました、、)

カットが出来たらいよいよ貼り付けです。

Rがきついところは気泡が抜けにくいため薄手の両面テープを貼り付けて粘着力を強化しました。

貼り付けが完了したら余った生地を溝に沿ってカッティングします。(ドアハンドル部分も)

乾かす時間も含め1日掛かりの作業でした。

生地の張替が完了したら合皮コードで縁取りします。

長さは両ドアで3m30cm(片方1m65cm)を使用しました。

革製で縁になじむようにはまるのでピッタリです。

モスグリーンカラーなかなかレトロ感があっていい感じです。

2021年1月26日






閲覧数:129回0件のコメント

最新記事

すべて表示